忍者ブログ
トマトを買いに出かけて、なんとなく立ち寄った魚屋さんで、あんまりいいブリがあったので買う。照り焼きもいいけれど、こっくりと煮物もいいなあと思って大根を買って帰る。 帰ってきて思う。僕はブリを買うつもりじゃなかったんだ。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

節分である。

友人宅で豆まき&恵方巻きの企画に参加した。

材料を用意して、手巻き寿司ふうに恵方巻きを作って、みんなで南南東を向いて食べたわけであるが…。

 

いい歳をした大人たちが7人も、同じ方向を向いて、物も言わず、太巻きを食べている光景って…。

滑稽以外の何者でもなかった。

 

僕は一番先に食べ終わった。もちろん他の人たちを笑わせる妨害工作に出たことは言うまでもない。

 

PR

関東バス①

僕は特に『バス・マニア』ではない。

写真は、ミニ・カーである。

僕は特に『ミニ・カー・マニア』でもない。

 

 

 

では、なぜこんな写真を撮っているのか。

かわいかったのだ。すごく。この古いタイプの『関東バス』が。

僕は中野で生まれ育ったので、物心ついたときにはバスといえば京王バスかこの関東バスだったのだ。西荻に越して、さらに関東バスとの距離は縮まることになる。

西荻は関東バス率が高い。吉祥寺もそうだ。さらに家の前を通るバスは、他に何があろう、白地に赤の関東バスである。

関東バス②

昔、こんなやつがうちの前を走っていたなあ。(中野の実家の前はバス通りで、関東バスと京王バスが通る。)

フロントガラスが傾斜していて、入り口のドアがちょっと削れているこのカタチ。ディーゼルエンジンのうるさい音も、真っ黒な排気ガスも、霞の中のおぼろげな記憶だけれど、ちゃんと思い出せる。

 

 

そんなことを考えていたら、なんだか愛おしくなって買ってしまったのだ。

ミニ・カーを。

 

ところで関東バスとは切っても切り離せないものがある。

西荻窪駅前、『洋菓子のこけしや』だ。

関東バスの車体背面の広告スペースに、これでもかというくらい貼ってあるのが『こけしや』の広告だ。

こけしやの広告

これ。

この広告に見覚えがあれば、立派な関東バス人といって差し支えないと思う。

 

 

 

 

「パパ おみやげ忘れないでネ 洋菓子のこけしや 西荻窪駅前」

この文句を僕は何千回見ただろう。僕が憶えている限りデザインも同じだから少なくとも30年近くは継続していることになる。すごいことだ。

継続は力なり、である。

 

さて、一見古風な『こけしや』のケーキであるが、『地卵ココロール』というロールケーキが僕は大好きです。

 

 

 

 

あけましておめでとうございます。

さて、2008年最初の記事はネコである。お分かりかと思うが、僕はネコが好きだ。

年末年始は実家で過ごしているので(といっても自転車で30分くらいなのだけれど)、ここでひとつ家のネコを紹介しておこうと思う。

99b6c6bf.jpg

名を『はな』という。

まっくろネコであるが、首の下あたりにちょっとだけ白い毛が混じる。

 

 

 


75845682.jpg

1週間ほど前、5歳になった。

完全室内飼いの牝ネコである。

西荻のシロと好対照で、ムダに鳴く甘えん坊だ。

鳴けば何とかなると思っている。

 


 

fb44de3e.jpg

ネコはほんとうに不思議な生き物だと思う。

こうして、窓の外をじっと眺めているとき、一体どんなことを考えているのだろう。

 

 

 


14356f36.jpg

眩し…。

 

 

 

 

 


トレードマークの赤い首輪は先日切れてしまったそうだ。新しいものにかわっていた。

db2c701d.jpg

あしあと模様つき…。

 

 

 

 

 


3d59c547.jpg

我が家の北側のベランダはムダに広く、ガラクタ置き場になっているので、格好の遊び場となる。

室内ばかりではかわいそうなので、出して遊ばせてあげるのだが、誰か人が付いていないとイヤみたいで、ひとりでは遊ばない。わがままである。

 

この時期、ベランダに出るのはすごく寒い…。

 

 

f381b51a.jpgところで、はなが水を飲んでいるこの器は、絵織部の片口である。

ネコの水飲み用にとこの器を買ってきたとき、家族から呆れられたことは言うまでもない。

 

 

 

 本年もよろしくお願い致します。

 

「シロやー、シロちゃーん。」

窓の外で管理人さんの声がする。わがアパートには管理人さんが世話をしている(と思われる)ネコがいるのだ。

ああ、今いるんだな。シロが。

このタイミングでいきなりカメラを持って外へ出るのもなんだかあやしい人みたいなので、管理人さんが遠ざかるのを待つ。

64558e4e.jpg

いました。

こいつは洗濯物を干しているとつまんなそうにこちらを見ていたりする。

ムダに鳴かないもの静かなネコ。

 

 

6b161a11.jpg

こちらを見ている。

カメラを向けると、必ずカメラ目線になる。警戒しているか。あるいはモデル気質か。

 

 

 

 

e634485d.jpg

日向ぼっこしている。

おなかのあたり、なんかはみ出てますが…。

ネコは暖かいところを見つけるのが本当にうまい。

 

 

 

1de32e3f.jpg

そろそろ起きるかー。

やはりカメラ目線である。

 

 

 

 

 

僕の行動範囲は、西荻窪と吉祥寺が90%くらいを占める。たまに中野に行くが、それは実家があるからだ。

狭い範囲を深ーく掘り下げるミクロ的生活を送っているわけである。ただインドアかというと実はそうでもない。

 

さて、そんな僕が旅をした。

といっても友人Hに誘われて、沼津に行ってきただけなのだけれど。

うまい魚を食べよう!うまいうなぎを食べよう!釣りをしよう!てな具合である。

 

釣りキチの友人Hは地元の釣り客からいろいろと地元情報を仕入れていて、穴場的名店をたくさん知っているらしい。

おいしいものに目がない僕である。勇んで出掛けて行った。

その結果は予想以上に素晴らしいものだった。

 

63158777.jpg

まずはランチ。

『魚河岸 丸天』の上刺身盛合せ定食(2205円)。

これが定食かよ!量もさることながら、新鮮さがすごかった。

もちろん定食だからこのほかに、ごはん・味噌汁(あら汁だった)・おしんこがつく。


 

1055729e.jpg

生牡蠣。これで945円(!)。

時期のもの。すごく贅沢な感じだ。

 

 

 

 


b49c4738.jpg

そして名物『かき揚げ』(840円)。

何でこんな冗談みたいな形にしてしまったのか。

 

 

 


このかき揚げ、板さんがいないと作れないらしい。お店に到着したときには板さんがいなかった。

「今、買い物に出ちゃったけど、すぐ戻ってくると思うからちょっと待っててねー」と言われた。

ゆるい…。

 

1ec1d2ff.jpg

もちろん全部食べました。

大食いの僕だが、さすがに苦しい・・・。

この『丸天』。工業団地の中にあって観光客はもちろんゼロ。地元の人がフラフラやってきて、食べて、「ごっそさーん」とか言って帰っていくみたいな店である。

店構えもなんか、きったない(失礼!)し、気の利いたところもないほんとにただの定食屋なのだが、出てくる料理はすごかった。

写真を撮っていたらお店の人は『こんなもん何で写真に撮るかねえ…?』的なリアクションだった。

 


 

さて、天気がよければここで釣りをする予定だったが、生憎の雨だったので、日本100名水にも選ばれているという柿田川湧水を見に行くことになった。

c7a837f6.jpg

なかなか幻想的な光景だ。

水の色。水量の多い時期にはこれが噴水のように吹き上げるらしい。

ほんとか?

 


 

cb00c869.jpg

こちらは画面中央あたりの青っぽく見えているところから水が湧いている。

この右側あたりには白鳥がたくさんいた。

そぼ降る雨。寒々しい光景だが、実際に寒かった…。

 

 


この後、ちょっと休憩。車内で2時間くらい眠った。おなかがいっぱいすぎたのだ。そして温泉に入った。

 


 

さて、おなかも落ち着いたところでいよいようなぎである。

お店の名前は『花車』という。ここもまた地元客しか行かないようなお店なのだが、それはそれは美味であった。

0880b39e.jpg

うな丼。2150円(だったと思う)。

なんとうなぎの頭がついている。

たれは甘め。

何がすごいってうなぎの歯ごたえである。

ゴリゴリと強い歯ごたえ、甘めのたれに負けないうなぎの味。至福のうな丼でした。肝吸いもおいしかった。

 

実はこの『花車』、うな丼だけを頼んだのに他にいろいろサイドメニューが出てきて、その一品一品がまた実に秀逸であった(肝焼きやう巻きはお酒のお通しかも知れないですが)。

肝焼き、う巻き、ふろふき大根、そして白焼き。

すべて、ちょびっとずつ出てきて、メインが出てくるまでの間を持たせるのだ。特に白焼きには驚いた。その肉の旨みの強いことといったら!

もう、興奮気味でうまいうまい言いながら夢中で食べていたら、写真を撮り忘れました。

 

うな丼が出てきて、バシバシ写真を撮っていたら、大将が言う。

「うなぎ捌くとこ、見てくかい?」

もちろん拝見させていただきますとも!

36796094.jpg

これがうなぎを捌く包丁。

「ちょっと、手え出してごらん」

差し出した僕の手を、大将はこの包丁で切りつけた。

まったく切れない。

骨を切れるようではいけないのだそうだ。背骨と一緒に小さな骨も剥がせるように敢えて切れない包丁を使う。


27640b2c.jpg

さすがに手捌きは見事だ。

 

 

 

 


 

9f38bef8.jpg

串打ち。

 

 

 

 

 

僕が料理をするのが好きだと言うと、大将は熱く語ってくださった。一方的に。

食べ物は文化である。文化のなくなった国は亡びるのだ。たとえ一杯の味噌汁でもお母さんの作った料理を食べていれば犯罪だって減っていくはずだ、と。今の日本はウソばっかりだ、と御仁は嘆いておられた。

「ねえ、セキヤさん。うまいものには理由があるんだよ。いくつものうまい理由が重なって本当においしいものができる。だから『何でうまいのか』をよく考えてそれをひとつひとつ積み重ねていかなくちゃ、うまいもんはつくれない。」

蓋し至言であろう。信念を持っている人の言葉には重みがあります。

 


 

充実した一日でした。食いだおれの旅であった。

明日から、またミクロ的生活に戻る。

友人H、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

HOME
home
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おすすめ音楽
1a8e2a6a.jpg
 
rank_01.jpg



『Pocketful of Poetry』
Mindy Gledhill

この数ヶ月、僕は「ミンディ・グレッドヒルは分かってる!」と叫び続けてきた。この人のアルバムからはポップってのはこういうものさ、という自信が滲み出ていると思う。tr. 2『Trouble No More』がツボ中のツボ。僕の好物ばっかりいっぱい詰まってる。決して大袈裟な表現ではなく、棄て曲なし、最高に幸せな30分あまり。

fce3ef34.jpg

rank_02.jpg



『D'ACCORD』
SERGE DELAITE TRIO with ALAIN BRUEL

アトリエサワノのピアノトリオが大好きです。2枚同時発売のうちの1枚。これはピアノトリオにアコーディオンを加えた演奏。明るい休日のランチ。冷えた白ワイン飲みたくなる感じ。

fce3ef34.jpg

rank_03.jpg



J.S. Bach/Goldberg Variations
Simone Dinnerstein

ゴルトベルク変奏曲からグールドの影を拭いきれないのは仕方がない。この人の演奏には”脱・グールド”みたいな気負いはなく、曲に対してもグールドに対しても愛情に満ちていて、丁寧で、やさしくてすごく好きです。



カウンター
最新コメント
[03/25 zutan]
[03/07 Mik]
[01/27 雅子]
[01/14 nao]
[01/06 ハナ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
セキヤ
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1977/05/04
職業:
会社員
趣味:
料理
自己紹介:
憂いのAB型

バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
お天気情報
NINJA TOOLS
ひとくちメモ
心のメモ(10月)
腰が痛い/引っ越そうと思っている/ハナレグミのライブに行ったらスチャダラが出てきて『今夜はブギー・バック』を歌った/10年ぶりくらいでエヴィスのジーンズを買った/西荻のカフェ『11(イレブン)』が11/11で閉店。残念です/会社のPCがクラッシュ。困った/羊頭狗肉を本当に行っていた店がモスクワにあった/
ひとくちメモ
心のメモ(11月)
腰痛から完全復帰/コンパクトマクロレンズを買った/焙じ茶をよく飲んでいる/イライラした/海鮮丼うまい/西荻新居ついに今週末契約/人のせいにするのはよくないと思う/引越し完了/友人の存在をありがたく思う/ネットがつながるまで3週間くらいかかるらしい/連日の深夜まで及ぶ片付け作業で眠い/寒くなってきたので湯たんぽを出した/
ひとくちメモ
心のメモ(12月)
吉祥寺のタワレコはヨドバシカメラの中に入ってからすっかり足が遠のいてしまった。前の方がよかったと思う/和室のコンセプトは『昭和』に/口に出して言うのはちょっと恥ずかしいのだが『亡き王女のためのパヴァーヌ』っていい曲だなあと思う/真心ブラザーズのライブに行った/
ひとくちメモ
心のメモ(2008年1月)
『相棒』スペシャルが面白かった/駅伝の『無念のリタイア』に弱い/もちつき大会に参加。楽しかった/3年以上使った携帯をついに機種変更/西荻在住の友人がお引越し。新居も西荻/『東京フレンズTHE MOVIE』という映画をみたが、数年ぶりに映画をみて涙を流した。情けなくて/最近西友の『冷凍食品4割引』の回数が異常に多い気がする/
ひとくちメモ
心のメモ(2月)
魚屋で刺身を買った帰りに化け猫に追いかけられるという夢を見たが、すげえ怖かった。でも逃げ切った/風が強かったので窓を開けて空気の入れ替えをしたら、部屋が砂だらけになった/しおかぜをほほにうけはだしでかけてく/ふりむけばしろいすなわたしのあしあと/洗濯物を干しているときに『大東京音頭』を口ずさんでいて自分でもびっくりした/無農薬のお米を買おうとしたが5kgで4000円近くしたので敢えなくあきらめた/
ひとくちメモ
心のメモ(3月)
『コンピューターおばあちゃん』を聴いて、ちょっと泣いた/久しぶりに中野に帰ったら『disk union』ができていた/
ひとくちメモ
心のメモ(4月)
気かつくと野菜ジュースの『♪びっくらこいーたー』を歌っている/間違えて『香りつき』のトイレットペーパーを買ってしまった/西荻デパート内の『魚正』が閉店。悲しい/家のすぐ近くで火事があった/表札がローマ字の家が嫌い/もう出ないんじゃないかと思っていた『たのしい中央線5』発売。即買いする/東京・天王洲アイル周辺で震度11の局地的大地震、という夢を見た/ガチャピンかムックかなら断然ムックだ/
ひとくちメモ
心のメモ(5月)
新企画『人間失格』の骨子固まる/頭が痛い/
ひとくちメモ
心のメモ(6月)
窓の外から演歌が聞こえる/ノドが痛い/『血の月曜日事件』起こる/PDFは『Portable Document Format』の頭文字であると知った/
ひとくちメモ
心のメモ(7月)
アパートのエントランスにヤモリがいた/友人宅で『聖☆おにいさん』を読んで爆笑/このブログを『ブリ買う』と呼んでいる人がいてちょっと嬉しかった/
ひとくちメモ
心のメモ(8月)
赤塚不二夫が死んだ/ソルジェニーツィンが死んだ/今年は蝉が少ないような気がする/パジャマを着て寝るようにした/家の近くで蜩(ひぐらし)が鳴いてた/神様、お願いだから僕の1日を36時間にしてください/ケメックスを割ってしまった/新しいケメックスを買ってきた/友人とipodを取替えっこして聴いていたら、談志の落語が入っていて感動した/
ひとくちメモ
心のメモ(9月)
中央線内に流れる相田みつをのコンテンツが異常にうざい/
ひとくちメモ
心のメモ(2008年10月)
マックの『ベーコンポテトパイ』が復活。とても嬉しい/ドムドーラを忘れるな/『三年目の浮気』を美女とデュエットするのが夢だ/
ひとくちメモ
心のメモ(2008年11月)
にわとり文庫に行ったらネコがいた/『e+』一時閉店。残念です/
ひとくちメモ
心のメモ(2008年12月)
自転車のベルを無闇に鳴らす人間が大嫌いだ/寒くなってきたので湯たんぽを出した/年末に仕事を追い込むつもりが、自分が追い込まれた/このままだと水道を止められてしまう/
ひとくちメモ
心のメモ(2009年1月)
『相棒』スペシャルが面白かった/分度器が欲しい/嵐のような一週間だった/もうダメだ/いや、そうでもないかも/
ひとくちメモ
心のメモ(2009年5月)
このブログをFirefoxで見てる人が10%を突破した/『1Q84』は発売日にゲットしたがまだ手をつけない/
ひとくちメモ
心のメモ(2009年6月)
檀さん、大和田さん、檀さん/笑った拍子にオナラが出た/玉の湯が廃業。超・残念/
ひとくちメモ
心のメモ(2010年3月)
まねきねこダック全否定/素敵なスリッパを買った/愛用の『シルク石鹸』メーカー製造中止。寂しい限りだ/強風に煽られてジャージの下が行方不明/
ひとくちメモ
心のメモ(2010年4月)
やましげ校長の退任がほんとうに寂しいです/
ひとくちメモ
心のメモ(2010年11月)
「返しにきたよ。」友人が持ってきてくれた傘にまるで見覚えがない。/奥田民生が『茜色の夕日』を歌っている動画を見て泣いた/カゼをひきました/
ひとくちメモ
心のメモ(2010年12月)
六本木『ABBEY ROAD』で"The Parrots"のライブに感動/
ひとくちメモ
心のメモ(2011年1月)
我が家もついに地デジ化/
ひとくちメモ
心のメモ(2011年3月)
武道館にくるりのライブを見に行った/震災当日、荻窪まで4時間くらいかけて帰ってきた/
ひとくちメモ
心のメモ(2011年5月)
J・アーヴィング『また会う日まで』読了/そろそろストーブをしまおうかと思っている/靴下の左右を揃える手間を省くためすべて同じ柄にするという新発想/『ニルスのふしぎな旅』DVDセット購入/
ひとくちメモ
心のメモ(2011年7月)
甚平を買った/坂本屋が復活してた/『いいとも打ち切り』ってあって思わず東スポを買ってしまった/魁皇関、おつかれさまでした/
ひとくちメモ
心のメモ(2012年3月)
松本大洋の『Sunny』がすごい/やっぱタモさんはすげえや/
ひとくちメモ
心のメモ(2012年4月)
洗濯機を買い替えた/『anan』表紙のしょこたんにどうしても目を奪われてしまう/
ひとくちメモ
心のメモ(2013年4月)
2年ぶりくらいにひどいカゼをひいた/
ひとくちメモ
心のメモ(2013年8月)
個人的空耳アワード2013は『金玉をつけないでよ』に決定/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年7月)
野々村県議の会見はたしかに笑ったが、どうにも後味が悪い/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年9月)
カイン・ハイウィンドに2度も裏切られた/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年10月)
虫歯治療中/『ちいさこべえ』の”りつ”が超かわいい/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年11月)
ぐんまちゃん、おめでとう/中野サンプラザにくるりを聴きに行った/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年12月)
やりきれない出来事が多すぎる/『天城越え』という歌はよく聴くとじつに陳腐だ/
ひとくちメモ
心のメモ(2015年1月)
初詣は日本橋の小網神社に出掛けた/『相棒』スペシャルはいまいちだった/箱根駅伝を走る選手が眉毛を整えているのを見るとちょっと鼻白む/
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ブリを買うつもりじゃなかった All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]