忍者ブログ
トマトを買いに出かけて、なんとなく立ち寄った魚屋さんで、あんまりいいブリがあったので買う。照り焼きもいいけれど、こっくりと煮物もいいなあと思って大根を買って帰る。 帰ってきて思う。僕はブリを買うつもりじゃなかったんだ。
[263] [262] [261] [260] [259] [258] [257] [256] [255] [254] [253]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コートを着て歩いている人が増えたな、と思う。街路樹が赤く色づき始めていてはっとする。足の指先が冷たくなる。

秋が深まってきた。

秋は学園祭の季節だった。僕はある短大の付属小学校に通っていて、学園祭は短大もその付属校もいっしょに開かれる。

学園祭の盛り上がりが大好きだった。小学生にとって、大学生の開く学園祭は特別だった。風船がところどころに飾られた校舎。屋台が出ている校庭。講堂で開かれている謎のバザー。毎日通う学校がこれでもかというくらい非日常に覆われているのだ。

クレープの屋台が好きだった。遠くからでもわかる甘く香ばしいにおい。丸い鉄板の上に白い液体を流すと面白いようにきれいに焼けていく光景に目を見張った。中に入っているおもちゃ目当てでつりぼりを何度もやった。中身を見せ合って、交換したりするのだ。


ちょうど今くらいの時期だ。さんざん遊んで、帰るころにはすっかり肌寒くなっている。家に帰り着くと炬燵が出してあった。遊び疲れて炬燵でぬくぬくしている間に眠ってしまう。学園祭と炬燵。この日は特別なことが1日にふたつも起こった、忘れられない日だった。


毎年、この時期になると思い出すのはこの日のことである。他の事は憶えていない。それでも、秋の空気のにおいを感じ取ると、なぜか蘇ってくる。家を建て替えて床暖房になってから、炬燵は出していない。炬燵を出したときのあの特別な昂揚もずいぶん味わっていないのだなあ、とふと思った。


さて、何も秋は記憶の中にだけあるのではない。

何か秋らしいことをしたいと思って、買い込んだものがある。

栗栗。

なんとも愛らしい風貌をしている。














栗をどうするかというと、リゾットにしようと思ったのだ。

長い間、リゾットは敬遠している料理の一つだった。日本人ですから、お米はごはんじゃないとね。そんな思いも当然あった。しかしながら、本音を吐露すれば、失敗を恐れていたというのがほとんどです。

ずうっと張り付いていて、水分がなくなったらまた足して、焦げないようにかき混ぜる。これを米に火が通るまで繰り返す。どうにも億劫だったのだ。こんな手間をかけて、もしも失敗したら目も当てられない。惨めな気持ちを味わうのが嫌さに及び腰になっていた。

そんな及び腰に喝を入れてくれたのが栗である。

ラ・ベットラの落合シェフの本に、栗のリゾットのレシピが出ていて、やってみたかったのだ。

イタリア食堂「ラ・ベットラ」のシークレットレシピ『イタリア食堂「ラ・ベットラ」のシークレットレシピ』
落合務(1999/講談社)

















栗を茹でるまず、栗はゆで栗にする。

水から塩をひとつまみ入れて、20分から30分くらい。













直火OKの陶器の鍋最近手に入れた新兵器。

直火OKの陶器の鍋である。














バターとオリーブオイルバターとオリーブオイルを入れて熱する。















fba88058.jpg生米を入れ、油が馴染むまで混ぜる。
















白ワインを入れて、水分を飛ばす。白ワインを入れて、水分を飛ばす。
















水を加えるあとは、水を加えていく。お玉1~2杯ずつ。

焦げないようにかき混ぜながら、水分がなくなってきたらまた水を入れて、を繰り返す。

5回くらい繰り返して、米に芯が残っているくらいにする。

水分が残っているときに、、塩で味を調える。





栗を入れる栗を入れる。
















パルミジャーノのすりおろしとバター最後にパルミジャーノのすりおろしとバターを1かけ。















栗のリゾット完成。

難しくはない。じっくりやることが大切のようである。













さて、リゾットだけでは寂しいので、この日のメニューはもう少しあるのである。

里芋里芋。
















グリルパンで焼く皮を剥いた里芋を、グリルパンで焼く。

ただ焼くだけである。














阿修羅面、冷血なんともいい表情に焼けているやつを発見。

『阿修羅面、冷血』と名付けた。













焼き里芋焼き上がったら、塩・胡椒とオリーブオイルをかける。

地味ながら、香ばしくてじんわりとおいしい。












またも阿修羅面、冷血ここにもまた。

阿修羅面、冷血。














きのことトマト、ベーコンのクリームソテーさらにもう一品。

きのことトマト、ベーコンのクリームソテー。

石づきを切ったきのこ(しいたけ、マッシュルーム、舞茸など)とベーコンをアーリオオーリオで炒め、白ワイン、塩・胡椒。湯剥きしたトマトを入れてひと混ぜし、生クリームを回しかける。








コノスルの白ワインはコノスルの白。
















取り分けた栗のリゾットお米のアルデンテ。

なるほどと思う。

栗ごはんのようなものを想像していたら、ぜんぜん違う、
コクのあるものができた。










リゾット、これでもう敬遠することはないと思う。ただいつもいつもこれでは日本人にはくどい気もする。たまにぐっと気合を入れて作る米料理、という感じである。



秋の学園祭も炬燵も今は昔だけれど、栗と里芋は毎年食べられる。いつも待ち侘びている秋なのだ。取り立ててイベントのように盛りたてるのは好きじゃないけれど、こうして季節を食べるようにしていられるのがいいね、と食べながら思う。ブリを買うつもりじゃなかった







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
冷血君、お味はいかがでしたか?なかなかいい顔ですね(笑)
福音館書店から出てる子供向けの月刊誌の10月号で「まちにはいろんなかおがいて」という佐々木マキさんの写真絵本があるのですが、そちらは顔に見える造形物がメインですが、冷血君のたまたま出来上がってしまった顔がなんともかともいい味出していますね^^

更新頻度があがって嬉しいです。冬眠前の熊のよう?
saku 2010/11/16(Tue) 編集
Re:無題
sakuさん、こんにちは。
お返事が遅くなりましてすみません。

顔に見えるものって、なんにしても「おっ」って思いますね。だから何だ、という程度のものなんですが。おそらく微妙な表情からいろんな情報を読み取ろうとする人間の本能のためなんではないか、とふと思いました。

さて、冬眠前の熊のようだといわれて、いやいやそんなことはありません、と思った矢先に冬眠してしまいました。
でも、更新頻度は上げていくつもりなのです!ほんとうです。

コメント、ありがとうございます!
 【2010/12/19】
無題
この季節のセキヤ君の料理からは秋に対する思いをかんじるね。
食べたい!
おおたけ 2010/11/17(Wed) 編集
Re:無題
おおたけくん、こんにちは。
秋を愛する者としては、季節を味わうようにしないと、という思いは強いです。うっかりしてると過ぎていってしまうので。
人生は短い、そんなふうに感じるようになったのは、きっと齢なんだなと思います。

コメントありがとうございます!
 【2010/12/19】
無題
阿修羅面、冷血・・・
あー笑った!何気にいいポジションで主張してるし!!
私だったら食べられないかも!
あまりにもなので!!笑
食べちゃいましたか?
Y 2010/11/18(Thu) 編集
Re:無題
Yさん、こんにちは。

冷血、食べました。意外とフツーに食べました。
ほんといい表情してましたね。味は、やっぱり他と変わらなかったです。

冷血は食べられたんですが、僕はいつもお土産の「ひよこ」が食べづらいです。
頭のところを食いちぎるのも、おしりのとこからいくのも、なんとなく躊躇いがあるのです。

コメント、ありがとうございます!
 【2010/12/19】
無題
こんばんは。
また夜中にセキヤサンの料理を見て、おなかがぐぅーとなりそうです。
里芋はただ焼くだけでおいしいですよね。私は、かたくりこまぶした里芋を、ごま油しいたフライパンにぎゅうぎゅう押しつけて焼いて、それをからしじょうゆで食べるのがお気に入りです。
あー、こまった。おなかがすきました。
aiko 2010/11/19(Fri) 編集
Re:無題
aikoさん、こんにちは。

里芋、ごま油で焼いてからし醤油はおいしそうですね!日本酒だな。芋を焼いたときの、素朴な香りっていいですね。沁みます。

コメント、ありがとうございます!
 【2010/12/19】
無題
突然で申し訳ないのですが、セキヤさんが使っておられるフライパンって、どちらのものでしょうか? 鉄のフライパンを探しているのですが、なかなか気に入るデザインのものがみつからなくて…。 セキヤさんのフライパン、すてきだなーと思っていたので、教えていただけるとうれしいです。変なお願いですみません…
cocoa1127 2010/11/29(Mon) 編集
Re:無題
cocoa1127さん、こんにちは。

変なお願いではないですので、気にしないでくださいね。こちらこそお返事が遅くなって申し訳ないです。

僕の鉄のフライパンは、中尾アルミ製作所の鉄製26cmです。SPHC109という品番が刻まれています。合羽橋で買い求めたと思います(たぶん)。
http://www.nakao-alumi.jp/index.html
HPには鉄製品は出ていないみたいですね。このフライパンは鉄板が分厚くて、重いけれどとっても重宝しています。肉を焼き付けたときに、鉄の力を感じます。
コメント、ありがとうございます!
 【2010/12/19】
無題
人面里芋。 
後の方のは少しせつなひ表情に感じる。

また、どれもこれも旨そうだなぁ。
今日の我がの食卓、残り物と冷凍のピザ。。。
相方には絶対にこのブログは見せられぬ。

あと、セキヤ殿は私立の小学校に通う
お坊ちゃまだったのねww
akiruda 2010/11/29(Mon) 編集
Re:無題
akirudaさん、こんにちは。

同じものですが、いざ食われる寸前には切ない表情に感じる。不思議なものです。遠慮なく食っちまいましたが。

さて、僕の食卓もいつもいつも手の込んだものばかりではありません。人には見せられないものも結構食べております。
この前、冷蔵庫にやばそうな豚肉があって、もったいないから生姜で臭みをごまかして、そこそこおいしく頂いたわけですが、夜中におなか痛くなって起きました。

ところで僕の私立小出身は、たまたま近くにあったのと、幼稚園からそこだったからというくらいのもので特にどうというものでもないです。

コメント、ありがとうございます!
 【2010/12/19】
無題
先週末今年初の忘年会を神楽坂にて。友人に勧められて設定した店に中原昌也のサイン入り徳利が置いてあって吃驚。翌朝若干二日酔い気味の頭で暴力温泉芸者をyou tubeで検索、暫し余韻を楽しむ。

年末ですねぇ。今週末も来週末も珍しく予定が入っております。本来なら家でしっぽり、というのが好きなのですが致し方ありません。

先日ふとしたことから柳宗理のグリルパンを購入しました。冷血君以上に面白いものができたら報告します。
nao 2010/12/06(Mon) 編集
Re:無題
naoさん、こんにちは。

今年も年末になりましたねえ。今年は休みの日取りがよくないので、忘年会は少なめです。
年が明けてからよりも、年末の雰囲気のほうが僕は好きでして、バタバタしているのがふっと静かになる気がする大晦日の雰囲気が大好きです。

それにしても、中原昌也のサイン入り徳利ってすごいですね。勝手なイメージですが、徳利でお酒飲むんだ、と思ってしまいました。そりゃ飲むだろって感じですが。

柳宗理のグリルパン、手に入れましたか!さすがに登場回数は少ないですが、うちでも重宝してます。油が馴染んだ鉄の感じはとてもいいですね。

コメント、ありがとうございます!
 【2010/12/19】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
HOME
home
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
おすすめ音楽
1a8e2a6a.jpg
 
rank_01.jpg



『Pocketful of Poetry』
Mindy Gledhill

この数ヶ月、僕は「ミンディ・グレッドヒルは分かってる!」と叫び続けてきた。この人のアルバムからはポップってのはこういうものさ、という自信が滲み出ていると思う。tr. 2『Trouble No More』がツボ中のツボ。僕の好物ばっかりいっぱい詰まってる。決して大袈裟な表現ではなく、棄て曲なし、最高に幸せな30分あまり。

fce3ef34.jpg

rank_02.jpg



『D'ACCORD』
SERGE DELAITE TRIO with ALAIN BRUEL

アトリエサワノのピアノトリオが大好きです。2枚同時発売のうちの1枚。これはピアノトリオにアコーディオンを加えた演奏。明るい休日のランチ。冷えた白ワイン飲みたくなる感じ。

fce3ef34.jpg

rank_03.jpg



J.S. Bach/Goldberg Variations
Simone Dinnerstein

ゴルトベルク変奏曲からグールドの影を拭いきれないのは仕方がない。この人の演奏には”脱・グールド”みたいな気負いはなく、曲に対してもグールドに対しても愛情に満ちていて、丁寧で、やさしくてすごく好きです。



カウンター
最新コメント
[03/25 zutan]
[03/07 Mik]
[01/27 雅子]
[01/14 nao]
[01/06 ハナ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
セキヤ
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1977/05/04
職業:
会社員
趣味:
料理
自己紹介:
憂いのAB型

バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
お天気情報
NINJA TOOLS
ひとくちメモ
心のメモ(10月)
腰が痛い/引っ越そうと思っている/ハナレグミのライブに行ったらスチャダラが出てきて『今夜はブギー・バック』を歌った/10年ぶりくらいでエヴィスのジーンズを買った/西荻のカフェ『11(イレブン)』が11/11で閉店。残念です/会社のPCがクラッシュ。困った/羊頭狗肉を本当に行っていた店がモスクワにあった/
ひとくちメモ
心のメモ(11月)
腰痛から完全復帰/コンパクトマクロレンズを買った/焙じ茶をよく飲んでいる/イライラした/海鮮丼うまい/西荻新居ついに今週末契約/人のせいにするのはよくないと思う/引越し完了/友人の存在をありがたく思う/ネットがつながるまで3週間くらいかかるらしい/連日の深夜まで及ぶ片付け作業で眠い/寒くなってきたので湯たんぽを出した/
ひとくちメモ
心のメモ(12月)
吉祥寺のタワレコはヨドバシカメラの中に入ってからすっかり足が遠のいてしまった。前の方がよかったと思う/和室のコンセプトは『昭和』に/口に出して言うのはちょっと恥ずかしいのだが『亡き王女のためのパヴァーヌ』っていい曲だなあと思う/真心ブラザーズのライブに行った/
ひとくちメモ
心のメモ(2008年1月)
『相棒』スペシャルが面白かった/駅伝の『無念のリタイア』に弱い/もちつき大会に参加。楽しかった/3年以上使った携帯をついに機種変更/西荻在住の友人がお引越し。新居も西荻/『東京フレンズTHE MOVIE』という映画をみたが、数年ぶりに映画をみて涙を流した。情けなくて/最近西友の『冷凍食品4割引』の回数が異常に多い気がする/
ひとくちメモ
心のメモ(2月)
魚屋で刺身を買った帰りに化け猫に追いかけられるという夢を見たが、すげえ怖かった。でも逃げ切った/風が強かったので窓を開けて空気の入れ替えをしたら、部屋が砂だらけになった/しおかぜをほほにうけはだしでかけてく/ふりむけばしろいすなわたしのあしあと/洗濯物を干しているときに『大東京音頭』を口ずさんでいて自分でもびっくりした/無農薬のお米を買おうとしたが5kgで4000円近くしたので敢えなくあきらめた/
ひとくちメモ
心のメモ(3月)
『コンピューターおばあちゃん』を聴いて、ちょっと泣いた/久しぶりに中野に帰ったら『disk union』ができていた/
ひとくちメモ
心のメモ(4月)
気かつくと野菜ジュースの『♪びっくらこいーたー』を歌っている/間違えて『香りつき』のトイレットペーパーを買ってしまった/西荻デパート内の『魚正』が閉店。悲しい/家のすぐ近くで火事があった/表札がローマ字の家が嫌い/もう出ないんじゃないかと思っていた『たのしい中央線5』発売。即買いする/東京・天王洲アイル周辺で震度11の局地的大地震、という夢を見た/ガチャピンかムックかなら断然ムックだ/
ひとくちメモ
心のメモ(5月)
新企画『人間失格』の骨子固まる/頭が痛い/
ひとくちメモ
心のメモ(6月)
窓の外から演歌が聞こえる/ノドが痛い/『血の月曜日事件』起こる/PDFは『Portable Document Format』の頭文字であると知った/
ひとくちメモ
心のメモ(7月)
アパートのエントランスにヤモリがいた/友人宅で『聖☆おにいさん』を読んで爆笑/このブログを『ブリ買う』と呼んでいる人がいてちょっと嬉しかった/
ひとくちメモ
心のメモ(8月)
赤塚不二夫が死んだ/ソルジェニーツィンが死んだ/今年は蝉が少ないような気がする/パジャマを着て寝るようにした/家の近くで蜩(ひぐらし)が鳴いてた/神様、お願いだから僕の1日を36時間にしてください/ケメックスを割ってしまった/新しいケメックスを買ってきた/友人とipodを取替えっこして聴いていたら、談志の落語が入っていて感動した/
ひとくちメモ
心のメモ(9月)
中央線内に流れる相田みつをのコンテンツが異常にうざい/
ひとくちメモ
心のメモ(2008年10月)
マックの『ベーコンポテトパイ』が復活。とても嬉しい/ドムドーラを忘れるな/『三年目の浮気』を美女とデュエットするのが夢だ/
ひとくちメモ
心のメモ(2008年11月)
にわとり文庫に行ったらネコがいた/『e+』一時閉店。残念です/
ひとくちメモ
心のメモ(2008年12月)
自転車のベルを無闇に鳴らす人間が大嫌いだ/寒くなってきたので湯たんぽを出した/年末に仕事を追い込むつもりが、自分が追い込まれた/このままだと水道を止められてしまう/
ひとくちメモ
心のメモ(2009年1月)
『相棒』スペシャルが面白かった/分度器が欲しい/嵐のような一週間だった/もうダメだ/いや、そうでもないかも/
ひとくちメモ
心のメモ(2009年5月)
このブログをFirefoxで見てる人が10%を突破した/『1Q84』は発売日にゲットしたがまだ手をつけない/
ひとくちメモ
心のメモ(2009年6月)
檀さん、大和田さん、檀さん/笑った拍子にオナラが出た/玉の湯が廃業。超・残念/
ひとくちメモ
心のメモ(2010年3月)
まねきねこダック全否定/素敵なスリッパを買った/愛用の『シルク石鹸』メーカー製造中止。寂しい限りだ/強風に煽られてジャージの下が行方不明/
ひとくちメモ
心のメモ(2010年4月)
やましげ校長の退任がほんとうに寂しいです/
ひとくちメモ
心のメモ(2010年11月)
「返しにきたよ。」友人が持ってきてくれた傘にまるで見覚えがない。/奥田民生が『茜色の夕日』を歌っている動画を見て泣いた/カゼをひきました/
ひとくちメモ
心のメモ(2010年12月)
六本木『ABBEY ROAD』で"The Parrots"のライブに感動/
ひとくちメモ
心のメモ(2011年1月)
我が家もついに地デジ化/
ひとくちメモ
心のメモ(2011年3月)
武道館にくるりのライブを見に行った/震災当日、荻窪まで4時間くらいかけて帰ってきた/
ひとくちメモ
心のメモ(2011年5月)
J・アーヴィング『また会う日まで』読了/そろそろストーブをしまおうかと思っている/靴下の左右を揃える手間を省くためすべて同じ柄にするという新発想/『ニルスのふしぎな旅』DVDセット購入/
ひとくちメモ
心のメモ(2011年7月)
甚平を買った/坂本屋が復活してた/『いいとも打ち切り』ってあって思わず東スポを買ってしまった/魁皇関、おつかれさまでした/
ひとくちメモ
心のメモ(2012年3月)
松本大洋の『Sunny』がすごい/やっぱタモさんはすげえや/
ひとくちメモ
心のメモ(2012年4月)
洗濯機を買い替えた/『anan』表紙のしょこたんにどうしても目を奪われてしまう/
ひとくちメモ
心のメモ(2013年4月)
2年ぶりくらいにひどいカゼをひいた/
ひとくちメモ
心のメモ(2013年8月)
個人的空耳アワード2013は『金玉をつけないでよ』に決定/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年7月)
野々村県議の会見はたしかに笑ったが、どうにも後味が悪い/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年9月)
カイン・ハイウィンドに2度も裏切られた/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年10月)
虫歯治療中/『ちいさこべえ』の”りつ”が超かわいい/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年11月)
ぐんまちゃん、おめでとう/中野サンプラザにくるりを聴きに行った/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年12月)
やりきれない出来事が多すぎる/『天城越え』という歌はよく聴くとじつに陳腐だ/
ひとくちメモ
心のメモ(2015年1月)
初詣は日本橋の小網神社に出掛けた/『相棒』スペシャルはいまいちだった/箱根駅伝を走る選手が眉毛を整えているのを見るとちょっと鼻白む/
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ブリを買うつもりじゃなかった All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]