忍者ブログ
トマトを買いに出かけて、なんとなく立ち寄った魚屋さんで、あんまりいいブリがあったので買う。照り焼きもいいけれど、こっくりと煮物もいいなあと思って大根を買って帰る。 帰ってきて思う。僕はブリを買うつもりじゃなかったんだ。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

菜の花の話題が続くが、パスタにしようと思っていた。異常な強風が吹いた土曜日のことだ。

今年は春一番が吹かなかった。その腹いせと云わんばかりの春の嵐だった。明日も嵐だという。交通機関が乱れたりするのは嫌だけれど、実は心密かにちょっと楽しみな部分もある。

さて菜の花だが、深夜の西友では売切れていた。そこでかき菜を買った。

c6a14430.jpegかき菜は菜の花の葉っぱの部分である。だから花より安い。

これで147円くらいだ。この値段はなかなかのお得感である。

いかにもいきおいよく成長しました、という感じの葉っぱだ。採っても採ってもまだ生えてくる様子が見てとれる。








b74e3a79.jpegさて、そのかき菜は湯がく。

冷水に取らないから、余熱で火が通る分を考慮してざっと湯がく。

水につけると、なんだかおいしさが溶け出てしまうような気がするからだ。

ザルにあげて粗熱が取れたら絞ってざく切りにしておく。







f8658d2a.jpegかき菜を茹でたお湯は捨てずに、そのまま蚕豆を茹でる。塩、胡椒、オリーブオイルで和えて、チーズをかけたサラダにするのだ。

莢入りと剥いたのとあって、どちらにしようか迷った。安いので莢入りにしたが、これが失敗だった。

莢の中に豆が殆ど入っていない。やっぱり中身の見える剥いたのにすればよかった。







しかしながら、莢入りにしたことでうれしいこともあるのだ。

588d12e1.jpeg蚕豆のこれ。

ミニ・蚕豆みたいなやつ。

剥いた蚕豆を買ってきたのでは手に入らないこの部分。

ちょっとつまんだり、サラダに入れたりすると、すごくうれしい気分になるのだ。









パスタのほうは、かき菜とウィンナでペペロンチーノにする。

a5db1dce.jpegアーリオ・オーリオを作る。
















442f4a92.jpegにんにくがきつね色になったら、火を止めて鷹の爪を入れ、辛味を移す。















707a94a2.jpeg再び火をつけ、親指の頭大にちぎったウィンナを炒める。















96e02ddd.jpeg白ワインをふる。
















71f1bd9e.jpeg白ワインの水分が飛んだら、パスタの茹で汁を加える。















d39e4388.jpegフライパンをゆすって乳化させる。
















06d6dd68.jpegかき菜を加え、塩、胡椒で味を調える。
















8061bf17.jpeg茹で上がったパスタを加え、よく和える。

これで完成だ。














パスタ、蚕豆のサラダのほかに、もう一品作ったものがこれだ。

26c22b56.jpegクリームチーズのレモン和えとでも呼べばいいか。

キューブ状に切ったクリームチーズを、塩、胡椒、レモン汁で和え、オリーブオイルを回しかけて小ねぎを散らしたもの。

白身魚のカルパッチョを、チーズで作ったイメージである。

これがなかなかワインによいつまみだった。






14594687.jpeg蚕豆のサラダ。
















4140fa76.jpegところで余談だが、パルミジャーノ・レッジャーノのすりおろしを多用する僕にとって、その都度すりおろすのはどうにも億劫である。

そこで塊を買ってきて、一度に全部すりおろしてタッパーに入れて冷凍してある。

これがあると、サラダにちょっとかけたりするときにすごく便利なのだ。








777101a5.jpeg話が逸れたが、かき菜とウィンナのパスタはこちら。
















d09481d9.jpegビールはヱビス。

ビールはこの1本だけ。ワインを飲むのだ。






















33f9d0b1.jpegワインはコノスルである。

安定しておいしいコノスル。セキヤ家のハウスワインとして認定してあげる。





















2d9cf793.jpeg本日は、意図して食卓を緑っぽくした。

嵐の後だ。さわやかな春の緑がいいんじゃないかと思ったのだ。













春の嵐。不謹慎かもしれないけれど、どうしてか心躍る。








 
PR
11月は愉しかったのだ。懐かしい人との再会もあった。

12月はろくでもないことばかりが起きて、全体的に不機嫌であった。

今年に入ってからは、寒さにやられて鍋ばかり食べていた。



d8ab1033.jpeg懐かしい人との再会のとき、ほんとうは記事にしようと思って、写真を少し撮っていたのだ。

これは、大根と豚の角煮の煮物。












da1dd428.jpeg鶏つくねと牛蒡、舞茸の煮物。
















だが愉しくて酔っぱらったのだ。途中で撮影を中断して、飲んでしまった。



この日は、お酒をあまり飲めない友人を相手に、ほぼ僕ひとりでビール大瓶3本、日本酒を5合ほど飲み尽くすという狼藉を働いた。まあこんなこともある。

翌朝のことは思い出したくもない。




fe298990.jpegいつのことだか忘れてしまったけれど、ビールの泡がかわいらしいスマイルを描いたので、写真に収めた。














85088382.jpegシチューのリベンジも行った。

いつだか、汗だくでシチューを作って興醒めだったから、一番寒さのきびしいときに再度作った。

↓こちらを参照のこと。
ブールマニエとブーケガルニ


















2c7d0f2e.jpeg今回はちゃんと蕪も入れた。

やはり白いシチューには蕪を入れたい。

このルックスが、何ともいじらしいではないか。














この冬は、ことのほか寒さがきびしかったから、暖かくなった悦びも一入である。

寒さには滅法強い、と豪語して回る僕だが、実はぜんぜんそんなことないということが、35歳を目前にしてよくわかった。あるいは齢のせいで寒さに弱くなったか。街を歩く若者たちが、どうも薄着に見える気がする。そんなんで寒くないの?とか思う。

寒いからとストーブを燃やし、耐えられないと日に何度もお風呂を沸かして入っていたら、ああ、果たせる哉、1月のガス代が1万円を超えていた。

これでは、寒さに強いなどと努々口にしてはならぬ。

この間、なんかの心理テストをやったら、僕は『春の人』だと出た。あたりまえじゃないか。5月生まれなんだから。
でもほんとうは、秋が好きである。


さて、この春の人は、暖かい陽射しの悦びをやはり胃袋に収めたいと思うのである。


9bcf9f22.jpeg菜の花のおひたし。

このほろ苦を味わうと、冬の毒気を抜かれるようで、実に気分がよい。













9873959a.jpegザーサイ豆腐。

いつものザーサイとねぎのみじん切り、胡麻油に加えて、擂り胡麻をかける。

菜の花にかけた胡麻が余ったのだ。











5fbc602e.jpeg新牛蒡と山うどのきんぴら。

先日、西荻『戎』で飲んでいるときにこのメニューがあって、早速真似させていただいた。













e996bd32.jpegそして、新牛蒡とくれば肉豆腐である。

三つ葉をたっぷりと入れて。














224e4a68.jpegたまらないです。やわらかい新牛蒡。
















1733d72f.jpeg肉豆腐にはこれをかける。

『黒薬味』である。














5e29b384.jpegビールはヱビス。いつも通り。
























9b7d95c6.jpegお酒は神亀。

神亀は味が濃い。埼玉は蓮田市のお酒である。






















260b5cc3.jpeg暖かくなったとはいっても、やっぱり夜は冷えるので、燗をつける。

神亀は、燗が映えます。













さて、お気づきになった方もいらっしゃるかもしれない。きんぴらを盛り付けた、青白磁は最近手に入れた新しい器である。

8810f4a7.jpeg掛江祐造さんの白磁。

2月の末に魯山であった個展で買ってきた。
この人の白磁はすごくよくて、この1ヶ月というもの、大活躍中である。

おでんなんかも、これでいただいた。











秋が好きな春の人、やっと君の季節が来たよ。






さて、実に5ヶ月の沈黙を破っての更新となりました。

コメントを下さった方、大変申し訳ありませんでした。
これから、ぽつぽつと返信します。

これからもよろしくお願い致します。











 
58627d87.jpg赤黄色の金木犀の香りがしてたまらなくなって
何故か無駄に胸が騒いでしまう帰り道








『赤黄色の金木犀』/フジファブリック





金木犀の季節である。

外に出れば匂うのだ。大雨のあとの晴れた朝、洗われた空気のなかに全体的に溶け込んでいる。


10902d25.jpgところで、わが町・西荻窪は、夕方がよく似合うと思う。

多少の贔屓目はあるかもしれないけれど、ほんとうによく似合う。

夕方買い物に出かけたときに、同じように買い物をしている人がたくさんいるのがたまらなくいい。


















さて、そんなふうに夕方買い物をして作ったものが、だし巻きたまごである。

そこで。僕のだし巻きたまご、大公開である。とはいってもそんなに大上段に構えるようなものではない。いつだったかテレビで見て憶えた作り方。

112d1b8c.jpgまずはだしを作る。

鍋で酒を煮切り、だし汁を入れる。

強めに塩で味をつけて、薄口醬油を香り付け程度に加える。ほんの少し味醂を入れる。










68fda63d.jpgあとは冷水につけて粗熱をとっておく。
















0c0c1486.jpgたまごを割り、白身のコシを切るようによく混ぜ、だしを加える。

たまご6個に、だしをおたまに2杯といったところか。












b4ff60a5.jpgたまご焼き器はこれである。

銅製。合羽橋までわざわざ買いに出掛けたのだ。

油が馴染んで、いい感じになってきた。










1586d74a.jpg油を多めに用意して、キッチンペーパーに染みこませておく。















3016ed37.jpgたまご焼き器は、油をひいて熱したあと、濡れ布巾に乗せて落ち着かせてから、ガス台に戻す。














ff5a8d27.jpgおたまに一杯の卵液を流しこみ、箸で泡を潰す。















76c69137.jpg手前に巻く。
















fc1ed5ed.jpg向こう側にスライドさせて、油を塗る。

このとき、たまご焼き器は手前側を持ち上げて、キッチンペーパーでしっかり押さえて、たまご焼き器の角で成形する。











e97c98c5.jpg卵液をさらに流しこみ泡を潰し、巻いたたまご焼きを箸で持ち上げるようにして、下に卵液を入れる。














60ce2d40.jpg手前に巻く。

油を塗る。このときにも角を使って成形するようにする。













09f46dc1.jpg向こう側にスライドさせ、油を塗り…(以下略)。















720f6738.jpgこれを繰り返して、完成する。

たまご焼き器を前後に傾けて、角を使って四角く成形する、というところがミソである。












3b511c33.jpgだし巻きたまご。

たまごって。ほんとにおいしいよね、って思う。














さて、たまごだけでは寂しいので、その他のメニューはこちらである。

54c62c1c.jpgザーサイ豆腐。

木綿豆腐の上に、みじん切りにしたザーサイとねぎを乗せて、胡麻油をかける。












6dbf3fd2.jpgちくわとちくわぶの煮物。

甘辛味がおいしい。














ac00db30.jpg豚バラ肉焼き。

豚バラスライスをフライパンで焦げ目がつくまで焼いて、一旦取り出して余分な油を落としたあと、フライパンに戻し、砂糖と醬油のタレを絡ませる。

大根おろしがあると、さっぱりと食べられるのである。









42646951.jpgビールはヱビス。
























ac7d6bce.jpg献立を見るとお分かりいただけると思うが、日本酒を飲む気だったのだ。

『貴』純米吟醸。

冷やしてなかったので、常温である。



















燗をつけるのにはまだ早い。

温度の手間をかけないことが、なんとなくもの哀しさを誘う秋の酒である。




帰り道、金木犀の香りに胸が騒いでしまった若者が、今はもういないことを思った。











 
 
 
台風の騒ぎのあと、すっかり秋らしくなった。

涼しくなって、油断していたら蚊に喰われた。彼らも最後の踏ん張りどころか。この時期の蚊は必死で喰いついてくるのか、夏の蚊よりも痒い気がする。

腹いせに、血液を補うような気分で、今日は赤い食べものである。


朝晩は肌寒いくらいだから、そろそろ煮込み料理もいいかなと思った。滋養の味。

鶏肉と野菜やきのこをトマトで煮込むのだ。

26c393fe.jpg思いつくままに野菜。マッシュルームと大根、アスパラガスは冷蔵庫の中から発掘された。

ほんとうは蕪もいいなと思っていた。しかし、まだ蕪は時期ではないのだ。

ちょうど大根があったから、使ってしまうことにした。








スペースの都合で写真には納まっていないが、じゃがいもとたまねぎも入れる。

d4b84c33.jpgにんにくとオリーブオイル。
















5f617ba7.jpgまずはたまねぎを炒める。
















b4743d7a.jpgそこに、適当に切った野菜を入れる。

今回の具材は以下である。












  • じゃがいも
  • にんじん
  • ズッキーニ
  • 大根
  • 蓮根
  • しめじ
  • マッシュルーム

アスパラガスといんげんは、煮込みが終わってから加える。


dcc8f409.jpg一方鶏もも肉は、大きめのブツ切りにし、強めに塩、胡椒をして焼く。















074edb4d.jpg白ワインをふり入れる。
















b513115f.jpg野菜ときのこの鍋に、焼いた鶏肉を入れる。















feb01104.jpgホールトマトを手で潰し、加える。
















2e2edda9.jpgローリエを加え、煮込み開始。

ここでコンソメキューブを入れるか否か、ひとしきり逡巡し、結局入れないことにした。

鶏肉からも、野菜からも、何よりきのこからも、きっとおいしいだしが出るはずだと思ったのだ。








さて、上の写真を見るとお分かりかと思う。

僕は完全に総量の目論見を見誤っている。

大変だったのだ。吹きこぼれてしまった。煮ていれば減ってくると思っていたのだが、おそらく野菜から水分が出たのだ。結局、別鍋にスープを取り分け、煮詰めながらそれを鍋に戻すという作業を繰り返した。

結果的にはこの作業が吉と出たのではないかと、今では思う。


ae7302a9.jpg煮込み時間、1時間ほどだろうか。

塩、胡椒で味を調え、アスパラガスといんげんを最後に加えて、ひと煮する。

ついでだから大根の葉も小口切りにして加えた。









最後にオリーブオイルをひとまわし、で完成である。


0f945a4d.jpgパルミジャーノのすりおろしをかけていただく。

鶏もも肉と野菜のトマト煮込み。


調味料は、塩と胡椒、肉にかけた白ワインだけだ。実に素直な、いい旨みが出ているではないか。

コンソメを入れなかったのは正解だった。





あらためて食材の力を思い知らされて、感服の至り。そして、とてもいい気分である。

4d2940ca.jpg残り物処理的に使われた、この大根がまたいい味をしているのである。
















ef5e2124.jpg白ワインをメインにしようと思っているけれど、まずはビールである。

久しぶりの登場だ。ヱビスビール。




















a82f9c9f.jpgパンは西荻駅ナカにある『浅野屋』のパン。

しっかり、もっちりしている。













40941793.jpgワインは『Clarendelle』。ボルドーの白である。

クラレンドルは、オー・ブリオンを擁するドメーヌ・クラレンス・ディロンがを率いるルクセンブルグ大公国ロベール殿下が造りだした新たなワイン、ということである*1

*1 エノテカによる解説

ラベルにも、しっかりと”INSPIRED BY HAUT-BRION”と書かれている。


オー・ブリオンは飲んだことないけれど(というか5大シャトーのどれも飲んだことはない)、これはとてもおいしいワインだった。


探していたのだ。セミヨンのいいワイン。SILENIのセミヨンが手に入らなくなってしまったから。これからは、こいつでいこうと思う。

1本2,500円。普段飲みにはちょっと高い。たまに飲むワインだ。


夏の間、蚊に吸い取られた血液を補って余りある量の煮込みができあがった。

数日間はこれを食べる日が続くと思われる。


2073a628.jpg完成後のガス台がこれだ。

なかなか迫力があるではないか。














でもいいさ。

おいしくできたのだから後片付けもまた愉しいものだ、というのは負け惜しみである。





聞けば、十五夜と満月が合わさるのは珍しいことなのだというではないか。

そこで、月見酒というのもいいなと思いながらの帰り道、月がきれいでずっと上を向いていた。


帰ってきてから、せっかくだから写真を撮ろうかと思った。

カメラと三脚を持って外に出たら管理人さんに見つかったらしい。そっと跡をつけてきたのか、写真を撮っているところで声を掛けてきた。曰く、彼は若い頃には一眼レフを使っていたのだという。昔はライカなんかも使っていたよ、と言っていた。―①

三脚を伸ばして運んでいたから、どこかで巣を張っている蜘蛛を連れてきてしまったらしい。三脚に引っ掛けて。どうも蜘蛛の糸みたいな感触が顔のまわりに浮かんでいて、おかしいと思っていたのだ。ふと気がつくと、三脚に蜘蛛が慌てた様子でちょろちょろしていた。以前にも述べたが、僕は蜘蛛が嫌いである。いや。こわいのだ。オオカミなんかこわくない。でも蜘蛛はこわい。―②

以上、①と②をいいわけとして、写真はうまく撮れなかった。

73f8f2e0.jpg月だかなんだかわからない。

きれいだと思った月はこんなんじゃなかった。













さて、僕の部屋の窓からは残念ながら月が見えない。ベランダでお隣の軒先との間に浮かぶ満月をしばらく眺めて、あとはお酒である。

450782d8.jpg大根と豚の角煮の煮物。

豚角煮は市販品である。大根と含め煮にする。













69293536.jpgニセ揚げ出し豆腐。

茗荷を乗せる。茗荷の季節もそろそろ終わりである。













b7e14002.jpg鯖の水煮の缶詰め。

大根おろしとかいわれ大根を添えて、ねぎの小口切りをかける。

醬油ちょろりでいただく。


いかにもなつまみである。好きです。







6595f0bc.jpgなぜか唐揚げ。

食べたかったのだ。買ってきた。















23c59b0a.jpgビールは秋味。
























57bff69f.jpgお酒は『翠露』である。

翠露を秋に飲むのは初めてかもしれない。いつ飲んでもいいお酒だと思う。






















秋の到来に祝杯をあげた途端に、蒸し暑くなった。天気のことだからぶつくさ言っても始まらない。こうしてだんだんと涼しくなっていくのだと思うようにする。

49698e39.jpg多くの人が、そう感じたのではないかと思うけれど、月を見るなんてほんとうに久しぶりだった。














どうでもいいことだけれど、僕には月で兎が餅を搗いているようにはどうしても見えない。

みんな見えると言う。

どういうことだ。





 
HOME
home
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
おすすめ音楽
1a8e2a6a.jpg
 
rank_01.jpg



『Pocketful of Poetry』
Mindy Gledhill

この数ヶ月、僕は「ミンディ・グレッドヒルは分かってる!」と叫び続けてきた。この人のアルバムからはポップってのはこういうものさ、という自信が滲み出ていると思う。tr. 2『Trouble No More』がツボ中のツボ。僕の好物ばっかりいっぱい詰まってる。決して大袈裟な表現ではなく、棄て曲なし、最高に幸せな30分あまり。

fce3ef34.jpg

rank_02.jpg



『D'ACCORD』
SERGE DELAITE TRIO with ALAIN BRUEL

アトリエサワノのピアノトリオが大好きです。2枚同時発売のうちの1枚。これはピアノトリオにアコーディオンを加えた演奏。明るい休日のランチ。冷えた白ワイン飲みたくなる感じ。

fce3ef34.jpg

rank_03.jpg



J.S. Bach/Goldberg Variations
Simone Dinnerstein

ゴルトベルク変奏曲からグールドの影を拭いきれないのは仕方がない。この人の演奏には”脱・グールド”みたいな気負いはなく、曲に対してもグールドに対しても愛情に満ちていて、丁寧で、やさしくてすごく好きです。



カウンター
最新コメント
[03/25 zutan]
[03/07 Mik]
[01/27 雅子]
[01/14 nao]
[01/06 ハナ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
セキヤ
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1977/05/04
職業:
会社員
趣味:
料理
自己紹介:
憂いのAB型

バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
お天気情報
NINJA TOOLS
ひとくちメモ
心のメモ(10月)
腰が痛い/引っ越そうと思っている/ハナレグミのライブに行ったらスチャダラが出てきて『今夜はブギー・バック』を歌った/10年ぶりくらいでエヴィスのジーンズを買った/西荻のカフェ『11(イレブン)』が11/11で閉店。残念です/会社のPCがクラッシュ。困った/羊頭狗肉を本当に行っていた店がモスクワにあった/
ひとくちメモ
心のメモ(11月)
腰痛から完全復帰/コンパクトマクロレンズを買った/焙じ茶をよく飲んでいる/イライラした/海鮮丼うまい/西荻新居ついに今週末契約/人のせいにするのはよくないと思う/引越し完了/友人の存在をありがたく思う/ネットがつながるまで3週間くらいかかるらしい/連日の深夜まで及ぶ片付け作業で眠い/寒くなってきたので湯たんぽを出した/
ひとくちメモ
心のメモ(12月)
吉祥寺のタワレコはヨドバシカメラの中に入ってからすっかり足が遠のいてしまった。前の方がよかったと思う/和室のコンセプトは『昭和』に/口に出して言うのはちょっと恥ずかしいのだが『亡き王女のためのパヴァーヌ』っていい曲だなあと思う/真心ブラザーズのライブに行った/
ひとくちメモ
心のメモ(2008年1月)
『相棒』スペシャルが面白かった/駅伝の『無念のリタイア』に弱い/もちつき大会に参加。楽しかった/3年以上使った携帯をついに機種変更/西荻在住の友人がお引越し。新居も西荻/『東京フレンズTHE MOVIE』という映画をみたが、数年ぶりに映画をみて涙を流した。情けなくて/最近西友の『冷凍食品4割引』の回数が異常に多い気がする/
ひとくちメモ
心のメモ(2月)
魚屋で刺身を買った帰りに化け猫に追いかけられるという夢を見たが、すげえ怖かった。でも逃げ切った/風が強かったので窓を開けて空気の入れ替えをしたら、部屋が砂だらけになった/しおかぜをほほにうけはだしでかけてく/ふりむけばしろいすなわたしのあしあと/洗濯物を干しているときに『大東京音頭』を口ずさんでいて自分でもびっくりした/無農薬のお米を買おうとしたが5kgで4000円近くしたので敢えなくあきらめた/
ひとくちメモ
心のメモ(3月)
『コンピューターおばあちゃん』を聴いて、ちょっと泣いた/久しぶりに中野に帰ったら『disk union』ができていた/
ひとくちメモ
心のメモ(4月)
気かつくと野菜ジュースの『♪びっくらこいーたー』を歌っている/間違えて『香りつき』のトイレットペーパーを買ってしまった/西荻デパート内の『魚正』が閉店。悲しい/家のすぐ近くで火事があった/表札がローマ字の家が嫌い/もう出ないんじゃないかと思っていた『たのしい中央線5』発売。即買いする/東京・天王洲アイル周辺で震度11の局地的大地震、という夢を見た/ガチャピンかムックかなら断然ムックだ/
ひとくちメモ
心のメモ(5月)
新企画『人間失格』の骨子固まる/頭が痛い/
ひとくちメモ
心のメモ(6月)
窓の外から演歌が聞こえる/ノドが痛い/『血の月曜日事件』起こる/PDFは『Portable Document Format』の頭文字であると知った/
ひとくちメモ
心のメモ(7月)
アパートのエントランスにヤモリがいた/友人宅で『聖☆おにいさん』を読んで爆笑/このブログを『ブリ買う』と呼んでいる人がいてちょっと嬉しかった/
ひとくちメモ
心のメモ(8月)
赤塚不二夫が死んだ/ソルジェニーツィンが死んだ/今年は蝉が少ないような気がする/パジャマを着て寝るようにした/家の近くで蜩(ひぐらし)が鳴いてた/神様、お願いだから僕の1日を36時間にしてください/ケメックスを割ってしまった/新しいケメックスを買ってきた/友人とipodを取替えっこして聴いていたら、談志の落語が入っていて感動した/
ひとくちメモ
心のメモ(9月)
中央線内に流れる相田みつをのコンテンツが異常にうざい/
ひとくちメモ
心のメモ(2008年10月)
マックの『ベーコンポテトパイ』が復活。とても嬉しい/ドムドーラを忘れるな/『三年目の浮気』を美女とデュエットするのが夢だ/
ひとくちメモ
心のメモ(2008年11月)
にわとり文庫に行ったらネコがいた/『e+』一時閉店。残念です/
ひとくちメモ
心のメモ(2008年12月)
自転車のベルを無闇に鳴らす人間が大嫌いだ/寒くなってきたので湯たんぽを出した/年末に仕事を追い込むつもりが、自分が追い込まれた/このままだと水道を止められてしまう/
ひとくちメモ
心のメモ(2009年1月)
『相棒』スペシャルが面白かった/分度器が欲しい/嵐のような一週間だった/もうダメだ/いや、そうでもないかも/
ひとくちメモ
心のメモ(2009年5月)
このブログをFirefoxで見てる人が10%を突破した/『1Q84』は発売日にゲットしたがまだ手をつけない/
ひとくちメモ
心のメモ(2009年6月)
檀さん、大和田さん、檀さん/笑った拍子にオナラが出た/玉の湯が廃業。超・残念/
ひとくちメモ
心のメモ(2010年3月)
まねきねこダック全否定/素敵なスリッパを買った/愛用の『シルク石鹸』メーカー製造中止。寂しい限りだ/強風に煽られてジャージの下が行方不明/
ひとくちメモ
心のメモ(2010年4月)
やましげ校長の退任がほんとうに寂しいです/
ひとくちメモ
心のメモ(2010年11月)
「返しにきたよ。」友人が持ってきてくれた傘にまるで見覚えがない。/奥田民生が『茜色の夕日』を歌っている動画を見て泣いた/カゼをひきました/
ひとくちメモ
心のメモ(2010年12月)
六本木『ABBEY ROAD』で"The Parrots"のライブに感動/
ひとくちメモ
心のメモ(2011年1月)
我が家もついに地デジ化/
ひとくちメモ
心のメモ(2011年3月)
武道館にくるりのライブを見に行った/震災当日、荻窪まで4時間くらいかけて帰ってきた/
ひとくちメモ
心のメモ(2011年5月)
J・アーヴィング『また会う日まで』読了/そろそろストーブをしまおうかと思っている/靴下の左右を揃える手間を省くためすべて同じ柄にするという新発想/『ニルスのふしぎな旅』DVDセット購入/
ひとくちメモ
心のメモ(2011年7月)
甚平を買った/坂本屋が復活してた/『いいとも打ち切り』ってあって思わず東スポを買ってしまった/魁皇関、おつかれさまでした/
ひとくちメモ
心のメモ(2012年3月)
松本大洋の『Sunny』がすごい/やっぱタモさんはすげえや/
ひとくちメモ
心のメモ(2012年4月)
洗濯機を買い替えた/『anan』表紙のしょこたんにどうしても目を奪われてしまう/
ひとくちメモ
心のメモ(2013年4月)
2年ぶりくらいにひどいカゼをひいた/
ひとくちメモ
心のメモ(2013年8月)
個人的空耳アワード2013は『金玉をつけないでよ』に決定/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年7月)
野々村県議の会見はたしかに笑ったが、どうにも後味が悪い/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年9月)
カイン・ハイウィンドに2度も裏切られた/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年10月)
虫歯治療中/『ちいさこべえ』の”りつ”が超かわいい/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年11月)
ぐんまちゃん、おめでとう/中野サンプラザにくるりを聴きに行った/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年12月)
やりきれない出来事が多すぎる/『天城越え』という歌はよく聴くとじつに陳腐だ/
ひとくちメモ
心のメモ(2015年1月)
初詣は日本橋の小網神社に出掛けた/『相棒』スペシャルはいまいちだった/箱根駅伝を走る選手が眉毛を整えているのを見るとちょっと鼻白む/
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ブリを買うつもりじゃなかった All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]