忍者ブログ
トマトを買いに出かけて、なんとなく立ち寄った魚屋さんで、あんまりいいブリがあったので買う。照り焼きもいいけれど、こっくりと煮物もいいなあと思って大根を買って帰る。 帰ってきて思う。僕はブリを買うつもりじゃなかったんだ。
[276] [275] [274] [273] [272] [271] [270] [269] [268] [267] [266]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5a5e9c5e.jpg最近の器について。

器はそもそも道具であるから、使わなくてはかわいそうだ。そしてよい器というものは、使いたくなる魅力があるのだ。











そんなふうにずっと思ってきて、今もそれは変わらないのだけれど、ほうっておくといつの間にか殖えているのが僕の食器たちである。

街をふらふらしていれば、どうしても雑貨屋さんや古道具屋さんに足が向く。用もないのに立ち寄っては、千載一遇の際会とばかりに、奪うようにして持ち帰ってみたり(もちろん代金はちゃんと支払う)、いや待てよ、もうしまうとこないよなと思って一旦買わずに帰って、結局1週間後にやっぱり諦められなくてもう一度手にしてみたり。

そんな上気した様子や逡巡の跡を、お店の人はどう見ているだろう。あー、またやってるなくらいの温かい眼差しで眺めてくれているといいのだけれど。


さて、そんなふうにしていつの間にかまた殖えた器たちである。使わなくてはかわいそうだ、とはいいながら、新しく仲間入りしたもののほうが食卓に登場する機会はどうしても多くなる。それは、収納にも取り出しにも高度な技術を要する僕の食器棚の、手前の取り出しやすい位置に置かれることが多いからだ。奥のほうに追いやられて登場する機会が少なくなった器たちへの愛情が、少しも薄れたものではないことを、ここに言い訳がましく申し上げておく。


961ba607.jpg岡田直人さんのマグカップ。

少し撓(たわ)んでいて、それがとっても飲みやすいのである。













3a4b21db.jpg緑のボウル。

南フランスの古いものらしい。内側にだけ釉薬がかかっている。













1a257c6e.jpgこの作りの粗さが、おおらかな雰囲気でよい。考えて作ってないところがよい。















ce37a5ed.jpgこれは、現在の食器だが、パキスタンのものである。


上記の古いものと同じように、いい加減に粗く作られているところがいい。











6e5c1c83.jpgこれも岡田直人さん作。

ハガキ大の板皿。和菓子のようなマット感がいい。
焼き海苔を乗せたりしている。

お刺身を盛るのもいいかもしれない。










d4d51794.jpgTEEMAの新色、テラコッタ。

赤い器はあまり持っていない。でも、とってもかわいくて思わず購入。













fc1935e7.jpgARABIAの新シリーズ『Runo(ルノ)』から、ウィンター・スター。

これは春夏秋冬4絵柄あって、ほんとうは全部欲しい。












a545876b.jpg菊の色絵の蕎麦猪口。

黄色と黒の菊の色絵。素敵です。














e7f4d3bb.jpg小皿2種。

ちまちまと小さいくせに、すごく存在感があるのだ。













器というものは、なんでこんなに魅力的なのか。

器は基本的には道具だ。使うために作られたモノには、その形状に必ず、そうなるべき理由がある。
だから美しい。

作り手の仕事ひとつで、その表情がかわいらしくも厳しくもなる。窯に入れば、人の手の届かないところで、微妙な表情の違いが生まれる。

おそらくいろんな要素が縦に横に折り重なるようにして、器の魅力はできている。それを一言で表現することは、おそらくできない。時代や国が違えど、多くの人が器に魅了されてきたのは、『なんか好き』という漠然とした理由が殆どだろう思う。

いろいろ考えたところで、たかが器である。
でも、だからこそ僕は惹かれつづける。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
アジアの、ちょっと古いもの(骨董と呼べるのか…?)って、なんとも言えない味がありますよね。

それはさておき、私も今日器屋へ赴き(絶対に何も買わないという覚悟で)、話ばっかして、素敵な器を撫でながら「良いですね~良いですね~」と言って、スーパー寄って帰ってきました。

実際、本当に、素敵な器が多いです。

それは、自分が、そのように「努力」して、そういう店に行っているからであって、自分で自分の罠に引っかかっているような…。


一人暮らしということもあり、またセキヤさんのように人を招いてということも滅多ない為、そんな「大物」は買わないようにしていますが…今日も増田勉さんの林檎灰釉の浅い大鉢に後ろ髪惹かれながら店を後にしました^^
7 2011/05/22(Sun) 編集
Re:無題
7さん、こんばんは。

フランス語では、いわゆる骨董をアンティーク(Antique)、骨董とまでは呼べない古道具をブロカント(Brocante)と呼び分けるそうです。100年以上経っているかどうかで分けるみたいですが。
美術品、骨董品としての価値があるかどうかよりも、味のあるものを使うのは気持ちのいいことですね。

確かに、自分で罠を掛けていると言えなくもないですが、罠に掛からないと「これ!」というものにも出会えないですから、器好きの宿命ですね。

コメント、ありがとうございます!

 【2011/05/23】
きれいな色!
菊の蕎麦猪口,とってもすてきです! 
これで蕎麦湯を飲んだり‥‥!!!(蕎麦湯は大好きな物の一つです)
想像するだけでウキウキします。

私は地元栃木の陶器の街,益子と小砂(こいさご)の食器だらけです。一時陶器市ばかり行っていたので。
最近は全く買ってませんが,こういう記事を読むと,ちょっと誘惑ですね。といっても食器棚はいっぱい。我慢我慢。
まながつを 2011/05/22(Sun) 編集
Re:きれいな色!
まながつをさん、こんばんは。

収納問題は、人生の一大事です。でも、増えてしまうんですよね…。この間、片付けのカリスマみたいな人をテレビで見ましたが、ああこれは僕にはとても無理だと思いました。

蕎麦猪口で蕎麦湯。いいですねえ!蕎麦猪口は使い勝手がよくて、ちょっとしたつき出しみたいなものやナッツなんかを入れてもいいので便利ですね。

コメント、ありがとうございます!
 【2011/05/23】
無題
アラビアのルノ。お店で見かけるのですが、お料理とのイメージが今ひとつ沸かずにいました。でも、セキヤさんのお料理とルノの雰囲気が素敵で、ルノを見直してます。しかも、四季でデザインがあるなんて、魅力的!

セキヤさんのブログを拝見させていただくようになって以来、器に魅力を感じるようになり、影響を受けたものも我が家に少なからずあります。 蕎麦猪口、片口の器、ホガナスのプレート‥
日々の料理、何を作ろうか‥今家にある材料で何が出来るか‥悩む時も、器の事を考えるとモチベーションが上がるようになりました。
セキヤさんの作られたお料理を見て食べたくなって、レシピを参考にさせていただきながら、作ったりもしてます!

ぺペロンチーノ 2011/05/23(Mon) 編集
Re:無題
ペペロンチーノさん、こんばんは。

ルノはですねえ、登場したときから惹かれてまして。四季のデザインがあるだけではなくて、それを繋げると1枚の絵になるんですよ…。これは、と思いましたね…。

蕎麦猪口、片口、ホガナス…どれも頻出アイテムですね。影響、などというのはおこがましいですが、器の魅力を少しでもお伝えできているのだとしたら、とても光栄に思います。

コメント、ありがとうございます!
 【2011/05/23】
無題
セキヤさんこんばんは。

器の話題良いですね!
私も惹かれ続ける一人なので。

以前は土ものにしか興味がなかった私ですが、ここのところ洋食器に目覚めてしまい食器棚が完全にキャパ超えです。
やっぱり、収納のカリスマ呼ばないといけませんかねぇ…(笑)

ルノは断然ウィンター・スターが好きです。
ティーマは毎年のように新色が登場するので困ってしまいます。
テラコッタも、実際手に取ると良い色目ですね。
パキッっとした発色だけど、意外と使い道が限定されないかも…という印象。
これからだったら夏野菜のカレーなんか良いかな?
セキヤさんは何を盛るのかしら?

やはり、器と料理は切り離せませんからね。
道具であるということが、器の魅力の一つだと…私は思うのです。
kayotiu URL 2011/05/26(Thu) 編集
Re:無題
kayotiuさん、こんばんは。

器には惹かれ続けて、僕のほうもキャパ越えもいいとこです。でも、こればかりはしょうがないですね。
昔、よく行く骨董屋さんのご主人に『どんなに器が好きな人でも、一生のうちに器に使うお金は300万で落ち着く』といわれたことがあります。そんなもんかいな、と思いましたが、満足してしまうのもちょっと寂しい気もしますね。

ティーマのテラコッタは、この間、剥いた枝豆に塩、胡椒、レモン、オリーブオイルをかけたものを盛り付けたら、いい感じでした。赤と緑のコントラストがなかなかで、枝豆のツヤも。あとは、同じティーマでテラコッタ、グレー、白の3色を並べて使ってみたくて仕方がありません。何を作って盛り付けるか思案中です。

>道具であるということが、器の魅力の一つだと
その通りですね。なんでもない器がこんなに美しくて、というのがとても魅力的ですね。あとは生きることに直結する『食べる』ことに近いところにある、というのも惹かれる要因かとも思っています。

コメント、ありがとうございます!

 【2011/05/26】
HOME
home
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
おすすめ音楽
1a8e2a6a.jpg
 
rank_01.jpg



『Pocketful of Poetry』
Mindy Gledhill

この数ヶ月、僕は「ミンディ・グレッドヒルは分かってる!」と叫び続けてきた。この人のアルバムからはポップってのはこういうものさ、という自信が滲み出ていると思う。tr. 2『Trouble No More』がツボ中のツボ。僕の好物ばっかりいっぱい詰まってる。決して大袈裟な表現ではなく、棄て曲なし、最高に幸せな30分あまり。

fce3ef34.jpg

rank_02.jpg



『D'ACCORD』
SERGE DELAITE TRIO with ALAIN BRUEL

アトリエサワノのピアノトリオが大好きです。2枚同時発売のうちの1枚。これはピアノトリオにアコーディオンを加えた演奏。明るい休日のランチ。冷えた白ワイン飲みたくなる感じ。

fce3ef34.jpg

rank_03.jpg



J.S. Bach/Goldberg Variations
Simone Dinnerstein

ゴルトベルク変奏曲からグールドの影を拭いきれないのは仕方がない。この人の演奏には”脱・グールド”みたいな気負いはなく、曲に対してもグールドに対しても愛情に満ちていて、丁寧で、やさしくてすごく好きです。



カウンター
最新コメント
[03/25 zutan]
[03/07 Mik]
[01/27 雅子]
[01/14 nao]
[01/06 ハナ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
セキヤ
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1977/05/04
職業:
会社員
趣味:
料理
自己紹介:
憂いのAB型

バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
お天気情報
NINJA TOOLS
ひとくちメモ
心のメモ(10月)
腰が痛い/引っ越そうと思っている/ハナレグミのライブに行ったらスチャダラが出てきて『今夜はブギー・バック』を歌った/10年ぶりくらいでエヴィスのジーンズを買った/西荻のカフェ『11(イレブン)』が11/11で閉店。残念です/会社のPCがクラッシュ。困った/羊頭狗肉を本当に行っていた店がモスクワにあった/
ひとくちメモ
心のメモ(11月)
腰痛から完全復帰/コンパクトマクロレンズを買った/焙じ茶をよく飲んでいる/イライラした/海鮮丼うまい/西荻新居ついに今週末契約/人のせいにするのはよくないと思う/引越し完了/友人の存在をありがたく思う/ネットがつながるまで3週間くらいかかるらしい/連日の深夜まで及ぶ片付け作業で眠い/寒くなってきたので湯たんぽを出した/
ひとくちメモ
心のメモ(12月)
吉祥寺のタワレコはヨドバシカメラの中に入ってからすっかり足が遠のいてしまった。前の方がよかったと思う/和室のコンセプトは『昭和』に/口に出して言うのはちょっと恥ずかしいのだが『亡き王女のためのパヴァーヌ』っていい曲だなあと思う/真心ブラザーズのライブに行った/
ひとくちメモ
心のメモ(2008年1月)
『相棒』スペシャルが面白かった/駅伝の『無念のリタイア』に弱い/もちつき大会に参加。楽しかった/3年以上使った携帯をついに機種変更/西荻在住の友人がお引越し。新居も西荻/『東京フレンズTHE MOVIE』という映画をみたが、数年ぶりに映画をみて涙を流した。情けなくて/最近西友の『冷凍食品4割引』の回数が異常に多い気がする/
ひとくちメモ
心のメモ(2月)
魚屋で刺身を買った帰りに化け猫に追いかけられるという夢を見たが、すげえ怖かった。でも逃げ切った/風が強かったので窓を開けて空気の入れ替えをしたら、部屋が砂だらけになった/しおかぜをほほにうけはだしでかけてく/ふりむけばしろいすなわたしのあしあと/洗濯物を干しているときに『大東京音頭』を口ずさんでいて自分でもびっくりした/無農薬のお米を買おうとしたが5kgで4000円近くしたので敢えなくあきらめた/
ひとくちメモ
心のメモ(3月)
『コンピューターおばあちゃん』を聴いて、ちょっと泣いた/久しぶりに中野に帰ったら『disk union』ができていた/
ひとくちメモ
心のメモ(4月)
気かつくと野菜ジュースの『♪びっくらこいーたー』を歌っている/間違えて『香りつき』のトイレットペーパーを買ってしまった/西荻デパート内の『魚正』が閉店。悲しい/家のすぐ近くで火事があった/表札がローマ字の家が嫌い/もう出ないんじゃないかと思っていた『たのしい中央線5』発売。即買いする/東京・天王洲アイル周辺で震度11の局地的大地震、という夢を見た/ガチャピンかムックかなら断然ムックだ/
ひとくちメモ
心のメモ(5月)
新企画『人間失格』の骨子固まる/頭が痛い/
ひとくちメモ
心のメモ(6月)
窓の外から演歌が聞こえる/ノドが痛い/『血の月曜日事件』起こる/PDFは『Portable Document Format』の頭文字であると知った/
ひとくちメモ
心のメモ(7月)
アパートのエントランスにヤモリがいた/友人宅で『聖☆おにいさん』を読んで爆笑/このブログを『ブリ買う』と呼んでいる人がいてちょっと嬉しかった/
ひとくちメモ
心のメモ(8月)
赤塚不二夫が死んだ/ソルジェニーツィンが死んだ/今年は蝉が少ないような気がする/パジャマを着て寝るようにした/家の近くで蜩(ひぐらし)が鳴いてた/神様、お願いだから僕の1日を36時間にしてください/ケメックスを割ってしまった/新しいケメックスを買ってきた/友人とipodを取替えっこして聴いていたら、談志の落語が入っていて感動した/
ひとくちメモ
心のメモ(9月)
中央線内に流れる相田みつをのコンテンツが異常にうざい/
ひとくちメモ
心のメモ(2008年10月)
マックの『ベーコンポテトパイ』が復活。とても嬉しい/ドムドーラを忘れるな/『三年目の浮気』を美女とデュエットするのが夢だ/
ひとくちメモ
心のメモ(2008年11月)
にわとり文庫に行ったらネコがいた/『e+』一時閉店。残念です/
ひとくちメモ
心のメモ(2008年12月)
自転車のベルを無闇に鳴らす人間が大嫌いだ/寒くなってきたので湯たんぽを出した/年末に仕事を追い込むつもりが、自分が追い込まれた/このままだと水道を止められてしまう/
ひとくちメモ
心のメモ(2009年1月)
『相棒』スペシャルが面白かった/分度器が欲しい/嵐のような一週間だった/もうダメだ/いや、そうでもないかも/
ひとくちメモ
心のメモ(2009年5月)
このブログをFirefoxで見てる人が10%を突破した/『1Q84』は発売日にゲットしたがまだ手をつけない/
ひとくちメモ
心のメモ(2009年6月)
檀さん、大和田さん、檀さん/笑った拍子にオナラが出た/玉の湯が廃業。超・残念/
ひとくちメモ
心のメモ(2010年3月)
まねきねこダック全否定/素敵なスリッパを買った/愛用の『シルク石鹸』メーカー製造中止。寂しい限りだ/強風に煽られてジャージの下が行方不明/
ひとくちメモ
心のメモ(2010年4月)
やましげ校長の退任がほんとうに寂しいです/
ひとくちメモ
心のメモ(2010年11月)
「返しにきたよ。」友人が持ってきてくれた傘にまるで見覚えがない。/奥田民生が『茜色の夕日』を歌っている動画を見て泣いた/カゼをひきました/
ひとくちメモ
心のメモ(2010年12月)
六本木『ABBEY ROAD』で"The Parrots"のライブに感動/
ひとくちメモ
心のメモ(2011年1月)
我が家もついに地デジ化/
ひとくちメモ
心のメモ(2011年3月)
武道館にくるりのライブを見に行った/震災当日、荻窪まで4時間くらいかけて帰ってきた/
ひとくちメモ
心のメモ(2011年5月)
J・アーヴィング『また会う日まで』読了/そろそろストーブをしまおうかと思っている/靴下の左右を揃える手間を省くためすべて同じ柄にするという新発想/『ニルスのふしぎな旅』DVDセット購入/
ひとくちメモ
心のメモ(2011年7月)
甚平を買った/坂本屋が復活してた/『いいとも打ち切り』ってあって思わず東スポを買ってしまった/魁皇関、おつかれさまでした/
ひとくちメモ
心のメモ(2012年3月)
松本大洋の『Sunny』がすごい/やっぱタモさんはすげえや/
ひとくちメモ
心のメモ(2012年4月)
洗濯機を買い替えた/『anan』表紙のしょこたんにどうしても目を奪われてしまう/
ひとくちメモ
心のメモ(2013年4月)
2年ぶりくらいにひどいカゼをひいた/
ひとくちメモ
心のメモ(2013年8月)
個人的空耳アワード2013は『金玉をつけないでよ』に決定/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年7月)
野々村県議の会見はたしかに笑ったが、どうにも後味が悪い/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年9月)
カイン・ハイウィンドに2度も裏切られた/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年10月)
虫歯治療中/『ちいさこべえ』の”りつ”が超かわいい/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年11月)
ぐんまちゃん、おめでとう/中野サンプラザにくるりを聴きに行った/
ひとくちメモ
心のメモ(2014年12月)
やりきれない出来事が多すぎる/『天城越え』という歌はよく聴くとじつに陳腐だ/
ひとくちメモ
心のメモ(2015年1月)
初詣は日本橋の小網神社に出掛けた/『相棒』スペシャルはいまいちだった/箱根駅伝を走る選手が眉毛を整えているのを見るとちょっと鼻白む/
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ブリを買うつもりじゃなかった All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]